なぜ、Facebook広告のリーチ単価が急激に高騰するのか?

20171125.jpg

こんにちわ。藤原です!


これから12月下旬までは、今年最後の売り込み時期ということもあってFacebook広告を活用される方が随分と増えてきました。


この時期に、自社商品の販売でもリストの獲得でも広告運用型アフィリエイトを展開している方でも


安価で効果的なプロモーションができるFacebook広告を使わない手はありませんからね^^


で、本日は「見よう見まね」「独学で」でFacebook広告を開始した方というブログ読者さんから突如届いたご質問・・・・


・なぜ、Facebook広告のリーチ単価が急激に高騰するのか?


という件に関してご回答をシュアさせていただきます…。


と、いうより、先にご注意点として伝えておきますが広告関するご不明点は「無料で収集する」という考えは捨てたほうが良いかと思います^^;


私も過去さんざん調べましたが、Facebook広告に関して多く情報が溢れかえっている中で「本当のノウハウ」というのは本当に少なく殆どが「憶測」なのですよ。


自分で1000円とか1万円とか少額で1日~1週間程度試してみて、アレヤコレ言っている情報が多いのですが


少額で1週間とかのテスト期間ではFacebook広告のノウハウは取得でいるものではありません。


また一般的な企業が公開している情報では全て公開はしていません。


何故かといえば、「ノウハウを販売している」「コンサルを販売してる」「広告代理店として契約を促す」というなサービスを販売しているからです。


ですから、ネットに転がっている上辺だけの情報だけを真に受けてFacebook広告を運用していますと“痛い目に合うか”のがオチです。


やはり、プロモーション関連に関しては「お金を支払って専門的に学ぶか」「手数料を支払って業者へ任せるか」2社選択です。


この選択ができませんと“無駄な時間”と“無意味な広告費”が垂れ流しになりますのでご注意くださいませ。


扨て、前置きが長くなりましたが本題に入りますと、Facebook広告のリーチ単価が急激に高騰する件に関しましては


これは新規にアカウントを開設したから高いというものではなく、月間数千万円Facebook広告費を支払っている方でも


長年個人でFacebook広告を運用している方でも一時的には高騰します^^:


ですから、特にFacebook広告は広告セットして配信すればOKとういうものではなく「運用」が大事なのですよね。


かくいう私も新しい広告素材をセットして、のんきに京都旅行へ行っていたときに2日ほど放置していましたが、


帰宅してびっくり仰天したくらいに既存の広告セットのリーチ単価は高くなっていました(笑

SnapCrab_NoName_2017-11-20_22-47-14_No-00.png

※赤囲みがリーチ単価が高騰した広告素材、青囲みが新しい広告素材を使ってリーチ単価が安価になったもの。


では、なぜこのようにFacebook広告のリーチ単価が急激に高騰するするのか?


様々な要素があるのですけど、初心者によくありがちなリーチ単価の高騰は、「他人が使用した画像素材を使いまわしている」との理由が一番多いのではないでしょうか?


また“使えない広告代理店”とかでも、この部分を知らない業者が多いのでクライアントの素材も同じものを使いまわしていると


新しいドメインで設定した広告セットでも初期からリーチ単価は高騰します。


なぜ、そう言い切れるかと言えば過去私も、このリーチ単価の高騰についてFacebookに問合せして回答をもらったことがあるからです。


Facebookからのご回答の一部抜粋しますと・・・・



これまでパフォーマンスが良かった広告が少ない配信された原因のひとつに、同じ広告が同じターゲットに何回も届いてしまっている事が考えられます。


同じ広告が何度も掲載されると、ユーザが飽きてしまうためにパフォーマンスが低下する事があります。


Facebookは定期的な広告の見直しを推奨していて、2週間ごと、最長でも1ヶ月ごとに広告を新しくされることをお勧めしています。



Facebookからの回答でもあるように2週間~1か月で広告素材の入れ替えを促進していますよね。


で、一度限界まで使用した広告素材は普通は破棄して新し素材を制作するというのが広告運用では通例ですが


Facebook広告の初心者の場合、Googleの画像検索で拾ってきた無料素材とか


Facebook広告で見かけたよさげな画像を盗んでみたりして自分の広告素材として使っていることが多いのです。


Facebook広告の「画像認証」機能は大変高度ですから、一度別の広告で使用された画像を2次利用しても


過去の履歴と照らし合わせて“使った分だけリーチ単価が高騰する”のですよ。


ここでも画像形式を変換する、画像を左右に入れ替えるとか変な情報が出回っていいますが、Facebookの画像認証はGoogleの上を行きますので小手先テクニックなど使えません。


だから動画でも画像でも広告費用を抑えたいと思うのであれば、素材の制作費をケチると逆にCV単価は高騰するのです。


で、ここまで辛口コメントを言いますと「漫画CMマーケティング!」で販売している画像はどうなのか?


絶対、こんな反論があると思いのでご回答しますと、漫画CMマーケティング!で提供している素材集は


お客様の使用用途によって画像パーツを組み合わせるようになっています。


また、素材によっては「PSD」という元データーも提供していますので、自由自在に類似画像を量産できるようにもなっているのです。


最近はこの画像パーツもさらに進化させて「背景」「キャラ」「吹き出し」もばらばらにしているので、

SnapCrab_NoName_2017-11-25_22-42-36_No-00.png

パーツ毎に組み合わせすれば無限大に新し画像素材を制作することができるのですよ。


まあ、この技術的な発想はソーシャルゲームの「ガチャ」から閃いたものですから、他社さんでは真似できるものではありませんし

SnapCrab_NoName_2017-11-25_22-21-7_No-00.png

ここまで大量に画像素材があれば広告費も安定的に安価に抑えることができますよ^^


是非、ご参考に!!

■サービスメニュー■



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

藤原 敦

Author:藤原 敦
株式会社天空 代表取締役

ネットを活用した恋愛ビジネスのスペシャリスト。

YoutubeやWEBサイトを活用し恋愛/女性のお悩み系/アダルトジャンルでアフィリエイトで稼ぐ情報商材を販売しています。


情報商材 ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村






















最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR