表参道と原宿、新宿に突撃街角インタビューの撮影をしてきました!!!!

201710101.jpg

こんにちわ。藤原です!


私の病気療養休暇も1週間となりましたが、未だ微熱が続きチョチョコ起きてはノートPCで作業し、目眩がしては睡眠という毎日を強いられています^^;


とはいえ、予定している仕事もあるわけで、昨日は気力を振り絞って突撃街角インタビューの撮影をしてきました!


この突撃インタビューは、役者の「谷さん」という女子に協力をしてもらい表参道と原宿、新宿と場所を変え「50人に聞く○○」という企画で


収録素材は近日公開するCM動画やセミナー動画で解説する大事な大事な素材なのですよね^^


やはり、情報配信者や関係者が効果や事例を謳うより、こういった「全く関係性のない人の意見」を視聴してもらうほうが


動画視聴者にはもの凄く説得力があって、商品購入までのハードルが低くなります。


撮影準備や人の手配などひと手間かかりますが、是非あなたのセールス動画にもこういった「街の声」なども取り入れてみてはいかがでしょうか?

201710102.jpg


リアルならではの打ち上げとかも大分楽しいですよー


PS、私はPC作業をしているより現場に行くほうが好きだったりするのですけど、インタビューするわけでもなく、カメラ撮影するわけでもなく「いつも場所にいるだけ」です^^;


■サービスメニュー■

スポンサーサイト

たった6千円の広告費で30万円の商品が販売できてしまう動画広告を活用するメリットとは?

SnapCrab_NoName_2017-9-1_17-54-51_No-00.png

こんばんわ。藤原です!


今回は、いま最も広告プロモーションにおいて主流となっています動画広告を活用するメリットをYoutubeチャンネルで解説します!


なぜ、私が動画広告を促進するかといえば、初心者でも簡単に安価な価格で効果的な広告の運用が行えるからです


今まで、YahooやGoogleのキーワード広告やディスプレー広告、facebookやTwitter広告などを行った経験がありましたら


広告単価を削減する、または費用対応化を調整するには、かなり大変な苦労をされた経験があるのではありませんか?


又は、自分では手に負えず広告代理店に依頼したり、コンサルを受けながらも


難しすぎて諦めて辞めてしまったり、という痛い経験をされたこともあるかもしれません^^;


ですが、動画広告は世界のマーケティング業界でも注目されているだけであって、Youtubeはもちろんのこと、Twitter、facebookなど主要なSNSサイトでも、


広告主に動画広告を呼び掛けているほどですから、現在は通常の広告と比較しても広告素材に動画を使うことで優先的に表示されるようになっています。


このように広告展開する場合は、もはや動画広告は外すことが出来ないものとなっており、先日解説しましたクッションページを制作するより


動画を視聴させることで「潜在的意識を喚起させる」ことのほうが実は簡単だったりするのですよね。


なぜかと言えば、やはり文字と動画と比較したら動画の方がユーザーが視聴する確率が数段高いからです^^


私が最近展開している動画広告でも、こんなクッションページの要素を取り入れているので、単純に商品紹介だけのCM動画より効果が高いのですよね。


あなたが、現在一般的な広告展開している、若しくは今後予定していましたら、是非、こちら動画を参考に動画広告を実践する準備をしてみてくださいね^^


■サービスメニュー■

今日からfacebook(フェイスブック)広告を始めたい。というあなたへ

20170818.png


こんにちわ。藤原です!

Youtubeチャンネルで更新しているお役立ちの制作方法やマーケティングノウハウも


今後はfacebook(フェイスブック)の運営テクニックそして動画広告と連載していく予定なのですが、


結構多くご質問をいただきますfacebook広告の出稿や運営に関しまして、一足早くブログでノウハウをご提供させていただきます^^


本日は、既にfacebook広告の概要を理解していることを前提としていますので、広告メニューやSNS広告の優位性などは省略し「実務運営」とさせていただきます。


・広告素材はケチらない

PPC(検索キーワード連動型広告)、メルマガ広告のみで集客や販売していた場合、広告の効果を最大限に引き出すのは「文字」です。


PPCでは、テキスト文章(キャッチコピー)でクリック率、メルマガ広告では記載文章の良し悪しでリストの獲得数や販売数に天地の格差が出ましたが


この「テキスト」「文章」にfacebook広告の場合は「画像」又は「動画」が付くのがポイントなのです。


重要度の比率としましては「テキスト1」「文章1」「画像又は動画8」という割合で、素材によってクリック数や動画再生数に天地の格差が出ます。


これ多くの人が誤った考えをするのですが、facebook広告を含むSNS広告ではキャッチコピーや文章より「画像」「動画表紙」の方が重要なのですよね。


画像に関して言えば、アドネットワークなどで使用する「バナー画像」とはジャンルが異なります。


アドネットワークでも、バナー画像の良し悪しでクリック数に大きな格差が出ますが、あのような「商用素材」ではfacebook広告では逆効果になりますから


今までとは異なり「広告」という概念を捨てないと、facebook広告を含むSNS広告では反響が取れないのですよ^^;


PPCやメルマガ、アドネットワークなどで広告展開していた経験のある方ほど、この部分に違和感があるかと思います。


で、私は「漫画」「イラスト」といった素材を使っているわけですが、これは「漫画CMマーケティング!」を販売しているからではなく


普通にクリック数や動画再生数が上昇する効果があるからです。


facebook広告を利用する前には、この画像素材又はCM動画をご用意するところからスタートしてください。


あなたが「飲食」「洋服」「家具」「車」といったジャンルでfacebook広告を利用する場合は、雑誌広告などで使う宣材写真が良いです。


現在ではスライド画像などは効果が高いので、あなたの一押し商品の宣材写真のセットを5パターンくらいご用意ください。


以外のジャンルでは通常の1枚画像を5枚ご用意してください。CM動画を使う場合は、3パターンご用意ください。


なぜ、複数の素材を用意するかといえば、類似する素材でも反響が異なるからです。


前記で「漫画」「イラスト」を活用することで反応が取れる旨いいましたが・・・


同じ漫画やイラストジャンルの素材を活用しても以下のように全く反響が異なります^^;


【直近1週間の広告テスト】

・投稿のエンジゲート(投稿への「いいね」「シュア」単価)

11_20170818161418710.jpg

1エンジゲート単価、14円~105円と単価が5倍以上の格差が出ています。


・CM動画の再生数

12_20170818161420c80.jpg

前者は「2人に1人が動画を視聴」「後者は3人に1人が動画を視聴」広告費は変わらず再生数に大きな格差が出ています。


・広告へのクリック単価

13.jpg

1クリック当たり77円~473円。実にクリック単価で6倍以上の反響が異なります。


このように広告素材の良し悪しで、大幅に広告費を削減することが出来るのです。


画像や動画を活用して広告展開する際に「広告で反応が取れてから」「広告から利益があがったら」画像やCM動画へ製作費をかける方が多いのですが


これは全く誤った考えで広告展開する際、画像や動画といった広告素材で粗悪なものを使用すると、


逆に広告費は高騰し高額な広告費を支払っても反響を得ることは出来ません。


広告を開始する当初から、クオリティーの高い素材を用意しないと安価に広告費を抑えて、広告の効果を最大限に引き出すことは出来ないのです。


ですから、この「広告素材」を含めて広告予算を組むことが大事なんですよね。


・広告設定はシンプルに考えること

facebook広告では、かなり細かくターゲットを絞り込むことがでいますが、あまり細かく設定しすぎますと広告表示がされないことが多いです。


また広告単価の設定を低く設定しすぎる場合も然りです。


あなたに既存顧客(メールアドレス/スマホ端末のIDを含む)が最低1000名以上いる場合は、


「類似オーディエンス」を制作して、性別や年齢のセグメントがあるのでしたら、対象セグメントくらいからスタートしてみてください。


類似オーディエンスでは、最低1000名以上の顧客やスマホ端末のIDがないとうまく稼働できないことがありますので、お客情報が少ない又は全くないような状況でしたら


facebook広告を運用しながら見込み顧客のリストを作りつつ、運用していくのが良いです。


実際、顧客や見込み顧客のリストを所有していても、この情報が直近3か月以内でない場合、類似オーディエンスを制作しても、あまり思う通りの効果を得ることが出来ませんから


過去物リストの場合でしたら、やはりfacebook広告を運用しながら見込み顧客のリストを制作する方が効果が高いです。


・一度設定した広告はいじくり回さない。

広告の運用で一番失敗するパターンは、一度設定した広告をいじり回すことです。


例えば・・・・

・一日何度も設定を変更する

・一日何度も広告素材を入れ替える

・単価変更を頻繁に行う



数え上げればキリがありませんが、一度設定した広告は最低3日は放置して反応を見てください。


あなたが1つ商品を販売するのに1万円の広告予算とした場合、広告管理画面を見ていると1万2千円になったら焦ると思いますが


広告の運用は、最終的には「対象期間に帳尻が合えばOK」と考えてください。


1つの販促予算が1万円とした場合、1万5千円で販売できる日もあれば、6千円で販売できる日もあるわけで


最終的に月間トータルの平均単価が1万円になっていれば問題ないわけですから。


「効果が合わない」と、数時間ごとに設定や素材を変更することで1千円2千円という小額広告費が全く回収できない損金になってしまいます。


そして、1千円2千円という小額でも月間トータルするとバカにできない広告の損金になってしまうのですよね^^;


最後に!!!!


漫画CMマーケティング!プレミアムプランでは、Youtubeアドセンスで稼ぐ「Youtubeオタクマーケティング!」をプレゼントさせていただいていますが


最近では、facebook広告のマニュアルと漫画素材を組み合わせて活用したいというご要望が増えてきました。


現在ご提供してるスペシャル特典Youtubeオタクマーケティング!を「自分で出来る動画マーケティング!」


特典の代替えを開始しましたので、ご希望がありましたら商品配送前にご連絡ください。

■サービスメニュー■




プロフィール

藤原 敦

Author:藤原 敦
株式会社天空 代表取締役

ネットを活用した恋愛ビジネスのスペシャリスト。

YoutubeやWEBサイトを活用し恋愛/女性のお悩み系/アダルトジャンルでアフィリエイトで稼ぐ情報商材を販売しています。


情報商材 ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村


■無料メールマガジン■


メルマガ
Youtubeや恋愛/女性のお悩みジャンルで稼ぐ基礎講座を無料配信しています。

アフィリエイトで稼ぎたい!と思っているあなたは是非ご登録を!!


■藤原へ問い合わせ■


unnamed

素朴な疑問や販売商品に関すること、コンサル依頼はこちらからご連絡ください。


■友達大歓迎です!■


facebookロゴ

お友達申請は大歓迎です!!

是非お気軽に申請ください^^




































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR