飛騨高山と世界遺産旅行奮闘記!


こんにちわ。藤原です!

お休みをもらって、ほっこり雪見露天風呂と観光に飛騨高山、五箇山菅沼、白川郷、犬山城に行ってきました!


岐阜県の温泉と言いますと、兵庫県の有馬温泉、群馬県の草津温泉と並んで日本三大名湯と言われる「下呂温泉」があるのですけど、


なぜ、飛騨高山の温泉かといえば、下呂と高山って急行で一駅違いなのですけど、降雪量が全然違って、下呂温泉だと私のイメージする雪見露天風呂が見れないんですよね。


ということで、朝早起きして本厚木⇒小田原⇒名古屋というルートで名古屋の到着したまでは良かったのですけど、なんと間が悪く高山行きの特急電車が1時間40分間待ちですと。。


IMG_1137_R.jpg

待ち時間は名物ひつまぶしを食べに行ったのですけど、うなぎが小さいし味もイマイチで残念…って感じでした^^;


IMG_1138_R.jpg


で、2時間半特急に揺られて高山へ行くと、ネットで調べたように岐阜から高山へ行くほど雪が深くなっていき、下呂温泉駅では降っていなかった雪が高山はまさに豪雪地帯!!


IMG_1139_R.jpg

やっと到着したのが夕方の時刻でしたので、ひとまず高山でも有名な観光スポット「古い町並み」へ。


観光地が故に、大通りは雪を除去しているのですけど、この古い町並み付近は道が狭く車では除去できないので地域やお店の人が人力で除去作業をしているみたいです。


豪雪地帯と言われる地域ですので私は、道を歩く際はパウダースノー(粉雪)かともったのですけど・・・・


逆に観光客が雪を踏みつぶして歩くので、私が到着した時には見事なまでのアイスバーン(氷)で、


頑丈な靴底の登山靴でさえ役に立たずスケートリンクを歩いているみたいにツルツルと滑る。


IMG_1181_R.jpg

↑案の定、角を曲がった時に見落としていたアイスバーンで足を滑らせて、見事なまでに転びました。


しかも、この転び方が純情ではなくマンガによくありがちな、バナナや石鹸で足を滑らせて後頭部から転落するのと同じように転んだ瞬間、自分の膝が見えたくらいです。


運よく、この日は両手が自由に動かせるようリックサックだったので、これがクッションとなり頭を打つことはありませんでしたけど、


リックがなかったら死ぬまではないにしても気絶するくらい頭を強打していたことでしょうね^^;

IMG_1140_R.jpg


↑肘を思いっきり打って腫れてしまいました。。


雪道の恐怖を体感したので、この日は探索を辞めて道中発見した料理屋さんで夕食。


飛騨付近と言えば「飛騨牛」が有名なのですけど、豪雪地帯ということもあって漬物や煮物、朴葉味噌(ほおばみそ)という味の濃い保存食が昔からのご当地グルメだそうです。


IMG_1141_R.jpg


朴葉味噌は大葉の上に“ちょっとキノコや山菜”がのっていてで、下から火をおこし味噌と野菜に火が通ったら、ノリの佃煮みたいにご飯に着けて食べるものです。


IMG_1142_R.jpg

↑飛騨高山の郷土料理。これにビール1本をオーダーしてお勘定が約5000円。高いとも思うか安いと思うか?


あなたのご判断にお任せします。。


夕食後、旅館に行って早速へ月見露天風呂に入ると、これは最高に良かったです^^


目の前に雪山があって、下に川が流れており空からは雪が舞う。


露天風呂から見える景色はライトアップされていて、旅の疲れを癒すどころか至福の喜びを与えてくれますよ。


外の気温はマイナスですから湯冷すること3分で髪の毛が凍ってきますので注意が必要かもですね(笑


私の入浴シーンは誰も興味ないと思うので割愛します(大笑


・2日目

朝から起きたら慣れないアイスバーンを歩いたせいか、コケた後遺症か、全身筋肉痛とった体に鞭打って世界遺産である「五箇山菅沼合掌造り集落」

IMG_1144_R.jpg

IMG_1150_R.jpg

IMG_1147_R.jpg


高山から富山方面にバスで1時間ほど走ると、さらに豪雪地帯となり五箇山菅沼付近は積雪量3メートルはあるのでしょうかね?


見事なまでの雪景色でした^^

IMG_1152_R.jpg

IMG_1151_R.jpg

IMG_1155_R.jpg

IMG_1156_R.jpg

IMG_1157_R.jpg

IMG_1158_R.jpg


で、次の目的地である、世界遺産 「白川郷」へ

IMG_1164_R.jpg

IMG_1166_R.jpg

IMG_1170_R.jpg

IMG_1177_R.jpg

IMG_1172_R.jpg

IMG_1175_R.jpg

IMG_1176_R.jpg

IMG_1171_R.jpg

双方「掌造り集落」というので、家の作りは同じですけど白川郷のほうが大きな家が多く200年前に建築された掌造りの家でも5階建てとかあるのでから驚きです!!!

IMG_1178_R.jpg

↑全然観光とは関係ないですけど、3メートルはあると思われる積雪を崩すことなく、「雪だるま」を作った人はどうやって作業したか気になりました(笑


夕方、高山に戻って本日の「飛騨牛」を食べるお店を探していると、高級店に限って満員御礼で入店不可という最悪の事態です。


どれくらいの混み具合かといえば、恐らく地域で一番高いと思われる大型お店のロビーが外国人の観光客で埋め尽くされている感じですかね。


この現象は「高級店」は同じようなもので、どこも一杯で入店不可でした^^;


IMG_1186_R.jpg

IMG_1187_R.jpg

IMG_1188_R.jpg

グルメは諦めて飛騨牛ラーメンでも食べて“不貞寝”するかと思ったら偶然見つけた「飛騨牛ホルモン」のお店でA5ランクのホルモンを食べて、雪見露天風呂を入ってこの日は終了。。


・3日目

高山付近には有名な観光スポット「飛騨大鍾乳洞」などがあるのですけど、朝から雪が降ってきそうな雰囲気があったので急遽予定を岐阜城と犬山城観光へ変更して電車で岐阜へ移動!


で、いつもの“締まらないオチ”になるのですけど・・・・


3月まで岐阜城に繋がる「金華山ロープウェー」がお休みで、歩いていくと1時間の道のりだそうで断念。



IMG_1189_R.jpg


柳瀬付近をぐるりと歩いてから犬山城へ。


IMG_1190_R.jpg

IMG_1191_R.jpg

IMG_1196_R.jpg

IMG_1193_R.jpg

IMG_1198_R.jpg

IMG_1195_R.jpg

駅を降りると織田信長さんの弟が建築したという「有楽苑」という日本庭園があったので、ぶらち立ち寄り本命のお城へ

IMG_1199_R.jpg

IMG_1200_R.jpg

IMG_1202_R.jpg

IMG_1204_R.jpg

IMG_1205_R.jpg

IMG_1206_R.jpg

IMG_1207_R.jpg

IMG_1208_R.jpg

IMG_1211_R.jpg

IMG_1215_R.jpg

IMG_1216_R.jpg


小ぶりのお城ですけど城中に入ると、まさに名城!


見張りの窓からのぞくと、当時の城中雰囲気も味わえますよ^^

IMG_1219_R.jpg


で、犬山城下町を散歩したがら名古屋へ行って「リベンジひつまぶし」を食べて飛騨高山と世界遺産旅行終了!


とっても良い旅行でした^^


是非、あなたもアフィリエイトで稼いだご褒美に!広告費を削減したご褒美に!!


たまの息抜きに観光旅行をお楽しみくださいませ^^


【飛騨高山&世界遺産旅行の教訓】

・合掌造り集落観光は12月から2月25日までがお勧め

・雪シーズンに行く際は重くとも荷物はリックサックへ

・予定しているお店に行くときは「ご予約」が必須


PS、東京や神奈川など普段雪の降らない地域に住んでいると、少し雪が降ると転ぶ人は多いのですけど降雪地域に住む方と降雪しない地域に住む人とは、そもそも「歩き方」が違うそうです。

イメージ的には・・・・

・降雪地域に住む人は膝を高く上げて歩くので滑らない。

・降雪しない地域に住む人は“すり足”であるくので滑る。



降雪地域で転ばない秘訣ですので、是非ご参考に!


■サービスメニュー■

スポンサーサイト

【要注意】ネット業界ほど健康管理を怠ってはいけません!

20180115.jpg

こんばんわ。藤原です!


ネットを活用することで企業では安価で成果の高いプロモーションができ、個人では気軽に副業ができる便利な世の中なのですが


ちょいちょい教材や販売ページ、メルマガなどで私は「不健康なネットビジネスが嫌い」ということを公言しています^^;


何故かといえば「籠って仕事」をしているより、様々な人と対話して仕事しているほうが好きなのですよね。


そう考えると「企画・制作」や「マーケティング・リサーチ」より営業職のほうが向いているかもしれません(笑


で、このPCにかじりついて仕事をしているのも運動不足になるので、4年前から毎日スポーツジムに通って健康管理をしていたわけですが


一時期ダイエットにハマって過剰に運動を強化したところ「ひざ痛」になってしまい、以後はトレーニングメニューを水泳に切り替え、毎日クロール500Mを日課としていました。


で、ジムが休館の時は長距離散歩若しくはプチ旅行へ出かけヒタスラ歩くことにしていましたが


この動画の撮影時より体調不良が続き、一時「寝たきり」生活を強いられました。


この時は「ブタクサアレルギー」と診断され2か月後には完治すると診断され、ジム通いを一時停止し仕事に明け暮れていました。


・ブタクサアレルギーとは?

春に花粉症となるのが「スギ花粉」とするならば、8月~10月にかけての花粉症の原因がブタクサ、ヨモギといった雑草類になります。意外と知られていないのですけど花粉症は1年中発病するのですよね。



で、2か月経過した12月になっても完治することなく、年末に再発したように寝込むくらい体調不良となり年明け再度別の病院で検査してもらったところ「百日咳」ですと^^;


百日咳とは?

百日咳(pertussis, whooping cough )は、特有のけいれん性の咳発作(痙咳発作)を特徴とする急性気道感染症である。

母親からの免疫(経胎盤移行抗体)が期待できないため、乳児期早期から罹患し、1歳以下の乳児、ことに生後6 カ月以下では死に至る危険性も高い。

百日咳ワクチンを含むDPT 三種混合ワクチン接種(ジフテリア・百日咳・破傷風)は我が国を含めて世界各国で実施されており、その普及とともに各国で百日咳の発生数は激減している。しかし、ワクチン接種を行っていない人での発病はわが国でも見られており、世界各国でいまだ多くの流行が発生している。

1990 年にロシアから始まったジフテリアの流行同様、ワクチン接種が滞れば再び流行の可能性のある感染症である。

-引用元 NIDも区立感染症研究所



で、今日検査の結果を聞きに行くと、この百日咳は完治しつつあるのですけど・・・・


その他、内臓の機能が「全部悪い」。


やっぱり長年のハードワーク(PC作業は前かがみになるので内臓に負担がかかる)と


日々の「偏食」「ドカ食い」「ドカ呑み」「運動不足」「たばこ」などなど、振り返ってみても不健康な生活しているので検査にも引っかかるわなーって感じですかね。


気楽にブログを更新していますけど、内心結構ビビってます(滝汗


今日から真面目にジム通って、食生活も改めて、お酒のドカ呑みも辞めて「仙人」のように健康的な生活をするつもりです。


と、いうことでネット業界でも「システム」「デザイン」「マーケティング・リサーチ」「コンテンツフォルダー」とういう皆さんはもとより


副業でネットビジネスをされている皆さんも、適度な運動と規則正しい食生活を心がけてください。


きっと、私と同じハードワークを長年熟していますと年齢と共にある日突然


ガタン


と体調不良になりますので。


仕事頑張って出世しようが、1億稼ごうが健康はお金では買えませんのでね^^;

■サービスメニュー■

現在の姨捨山(おばすてやま)といえる高年齢者の医療制度を晒してみる!

49_1.png

こんにちわ。藤原です!


個人を対象にした副業ノウハウを提供していますと月1回ペースで、ご家族の医療費を稼ぐ目的でネットビジネスを検討しているというご相談をいただきます。


やはり高年齢化社会が加速している現在の世の中ですから、今後もどんどんご家族の医療費を稼ぐ目的でネットビジネスの参加希望者増加してくるかと思います。


私はこの手の話に意外と弱く親身になってご回答をさせていただくのですが、普段通りストレートなご回答をすると


藤原さんは同じ立場じゃないから!!!


稀に逆切れする人がいます^^;


実は、ブログやメルマガで公開していないだけで、私の母親も4年前(情報業界へ参入する以前)から意識がないまま病院で寝たきりの生活を過ごしていて今年の2月に死去しました。


運命のいたずらともいえる最悪のタイミングで、母親が死去したのは我が子のように3年間育てきたYoutubeチャンネルが削除された日にちです。


私は仕事のノウハウでも、私生活に関することでも憶測で回答することはなく、自分で経験していないことは正直に「知らない」と言いますのでお間違いなく!


扨て、だいぶ生々しい証言になりますが、私がこの4年間で体験した高年齢者の医療制度について今回は記していきたいと思いますので


高年齢者の医療制度について知識のない方は、是非ご参考にしてください。


ネットビジネスとは全く関係ありませんので、苦手な方はページをスキップしてくださいね!


・「病院=ボランティア団体」という認識の誤り

政府の許可が必要とされている病院ですから、県や市が提供している第三セクターとお間違いされている方が非常に多いのですが


病院は業者との癒着が黙認されている立派なビジネスです。


ですから「金にならない患者」は不要で・・・


・金にならない(支払い能力のない)患者は入院させてもらえません。

・死去したら2時間で「出ていけ」と言われます。

・医療費を延滞したら強制退院させられます。

・延滞した医療費は個人の「借金」になります。



病院は製薬会社と同じで高収益の優良企業で、病院の利益は普通に患者が支払う医療費ですから、


多くの患者に対応できる大きな病院になるほど倒産の心配のない大企業なんですよね。


大きな病院では一般的な大企業と同様「人間の情」というものはなく、損得で入院患者の受け入れ可否の判断をします。


万が一、あなたが低所得者や入院費用の支払いができない状況にあるような場合


今はお金がないけど必ず働いて支払いますから助けてください!


こういう熱意や情熱では受け入れてくれないのが現実なんですよ。


さらに、病院が支払い能力に懸念を感じた時や親族が少ない(親一人、子供一人など)場合


「保証人」がなければ入院許可をもらえないことも多々あり、保証人がない場合は「高額な保証金」(デポジット)を求められます。


万が一支払いが延滞した場合、保証人へ請求が回されるか「個人の借金」となり、満額返済するまでは法定金利が加算されます。


ちなみに、私もこの高額デポジットは支払い、さらに肉親が少ないとの理由で母親が生きているにも関わらず


「葬儀屋」「火葬場」との契約までさせられて、病院が用意した複数毎の念書を書かされて、やっと母親を入院させることができました。


4年間医療費の支払い延滞はありませんでしたが、入院時に書かされる「念書」に上記の記載がありました。


・現在の姨捨山(おばすてやま)ともいえる病院の高年齢者への扱い

上記で記しているのは、日常生活をするうえで支障があり自宅から病院へという場合ですが


私の母親も含めて高年齢になると、突然倒れて救急車で搬送されるようなことがあるかと思います。


この場合、緊急車を呼んで近隣の緊急病院へ案内をされるのですけど、この制度も最悪で「人を見る」のが緊急病院なんですよね。


要するに「儲かる患者か」「テストできる患者か」病院の思惑と合致しない患者は受け入れてくれる病院が見つかるまで


何か所も何か所も緊急病院に搬送されては「ベットに空きがないから」との理由でたらい回しにされます。


やっと受け入れてくれる病院があっても、緊急病院の場合、最長6か月の期間が定められており完治する見込みの患者は強制的に転院を迫られます。


強制的に転院させられる病院は、緊急病院から紹介されるか自分で探すか2者選択なのですが


ここで「受け入れてくれる病院がない」とかの言い訳は通用することはなく、仕事中であろうがなんであろうが


「早く患者さんを転院させてください」


という矢のよう追い出し催促の電話が毎日かかってきますので、強靭な精神を持っていないと日常の仕事に支障が出るばかりか、


病状の心配、金銭的な心配などと色々考えないといけないことが多いのでノイローゼになりますよ^^;


私の母親の場合では「脳梗塞」で倒れ「透析」と「糖尿病」の持病がありましたので、この3つに対応している病院は近隣では少なく且つ、


私が求める「人間らしい病院生活が送れる」病院は安価な価格では皆無でした。


・まさに「地獄の沙汰も金次第」。

姨捨山ともいえる「死ぬの待つだけ」の病院では、個別の病院ごとにシステムが大きく異なっており


高級マンションのような立派な病院から、少し強い地震でもあろうものなら潰れてしまいそうなオンボロの病院まで様々です。(実際は地震があっても病院は潰れません)


病院ランクの他に患者に対するケアも然りで例えば・・・


A:1日1回下着を取り換える

B:朝、夜の2回下着を取り換える

C:下着が汚れていたら都度取り換える



このようにランク分けがされており、マメに下着を取り換えるプランになると同じ病院に入院してても医療費は最低ランクの3倍高くなります。


勿論、これは下着だけに限らず、入浴、リハビリなど全てに適応されますが「肉親」であれば例え意識不明であっても


・汚れた下着はマメに着替えさせてあげたい

・床ずれが起きないようにケアしてもらいたい

・少しでも体が楽でいられるようにリハビリさせてあげたい


と思うことでしょう。


ですから「人間らしい病院生活」を望むのであれば「Cプラン」を選択しなくてはいけないのです。


また、パジャマ、紙おむつ、ハブラシ、ティッシュといった消耗品は入院費用とは別の計算となっており「雑菌が入るから」との理由で


病院指定業者から購入しなくてはならず、ドラックストアで市販されているものより3倍高く、さらにテレビ使用料する場合には


プリぺードカードで月間5千円~2万円と、今時の新品に小型テレビが毎月1台購入できる金額が別勘定で毎月請求されるのですよ。


・入院費用の目安

病状にもよりますが、通常の「寝たきり」の場合でも毎月一世帯分の医療費負担があると思ってください。


特別な治療費がない場合、診察費などは免除されますが、それでも上記の衣類、消耗品、テレビの諸々諸経費だけでも普通に10万円は超えますからね^^;


手術や特別な薬などが必要な場合、プラス@で医療費負担がありますので、よく言う「家一軒分」の医療費負担があると思って間違いはありません。


これは、高年齢者に限らないので、あなたのパトナーやお子様が大きな事故や病気を患い医療機関にお世話になるようなときも同様です。


・現在支払い能力がない場合はどうすれば良いか?

今月、来月に支払う医療費を稼ぐ目的にする場合は、ネットビジネスは勧めません。


普通にコンビニでも夜間工事でも確実に給料を手にできる副業を行って下さい。^^;


年収1億円を稼ぐノウハウを提供していながら夢のないことを…と思われる方がいると思いますが、


現実問題「これからネットビジネスを」という場合、スキルを身に着けるまで1か月~3か月はかかりますし


例え、今日成果が上がってもお金が入金されるのは2か月タイムラグがあるのが通常ですから今月末、来月末の支払いには間に合わないのですよね。


過去、私がどん底の極貧生活だった時「いつかはネットビジネスで大成功して!」という目標がありましたが、


友人からの借り入れ金を返済するのに「アフィリエイト」という選択肢はなく、普通に時給850円で1日14時間働いて給料から毎月返済しました^^;


5か月後、完済する目途が立った時から通勤中はブックオフで100円程度で販売しているネットビジネス系、マーケティング系の書籍を毎日1冊読み


月2回の休暇取って、マンガ喫茶に通って1日12時間ネットビジネスを勉強して実践してスキルを身に着け


1年後、8000万円以上のアフィリエイト報酬を手にすることができました。


このように、現在のあなたにネットビジネスのスキルが全くない状況で緊急性のある支払いがある場合、


いきなりネットビジネスではなく、毎月の支払いを確実にできる体制を整えてから、ネットで稼ぐ準備を行うように段階を踏むことって重要なのですよね。


逆に、半年、1年先に支払う決済でどうしよう…


と考えているのであれば、今すぐネットビジネスに参加しないのは「愚の骨頂」です。


以上、私の実体験より高年齢者の医療制度を記してみました。


参考になるような箇所がありました嬉しいです!!

■サービスメニュー■


プロフィール

藤原 敦

Author:藤原 敦
株式会社天空 代表取締役

ネットを活用した恋愛ビジネスのスペシャリスト。

YoutubeやWEBサイトを活用し恋愛/女性のお悩み系/アダルトジャンルでアフィリエイトで稼ぐ情報商材を販売しています。


情報商材 ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村
























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR