長崎旅行奮闘記!

IMG_0837_R.png

こんばんわ。藤原です!


歴史の深く世界三大夜景でも有名な長崎へ旅行に行ってきました^^


前回の旅ログは結構人気がありましたので、今回も旅行記をご紹介したいと思います。


扨て、今回は時間的なタイミングもあり、近隣から出発してている羽田直通の高速バスに乗ることが出来なかったので


本厚木⇒海老名駅⇒羽田⇒長崎空港⇒長崎新地


というルートで長崎でも一番賑やかな場所へ到着し、付近のホテルを取りました。


で、荷物おおいて早速中華街へ

nagasakihunnsou1.png

nagasakihunnsou3.png

nagasakihunnsou2.png

国内の中華街でも、一番大きい「横浜」、続いて神戸と比較すると長崎の中華街は十字に店が連なってはいますがお店も20件程度規模が小さいです。


路上で販売していた名物「角煮マン」と「ハトシ」(エビをすり潰してパン生地をくるんで揚げたもの)で腹ごしらいしてから路線バスに乗り込み「グラバー邸」(グラバー園ともいう)へ

nagasakihunnsou5.png

nagasakihunnsou7.png

nagasakihunnsou6.png

nagasakihunnsou8.png

nagasakihunnsou9.png

nagasakihunnsou10.png

nagasakihunnsou11.png

平日だというのに、さすがは名所というだけあってグラバー邸は観光客がごった返してました^^;


邸宅には和洋中の作りとなっていて、幕末でも豪商といわれるリッチな生活ぶりを見ることが出来ます。


一通りグラバー邸を見学してから、やはり見どころスポットの1つ「オランダ坂」へ。

nagasakihunnsou13.png

nagasakihunnsou12.png

nagasakihunnsou14.png

nagasakihunnsou15.png

オランダ坂は、グラバー邸の山を下りたところにあって、恐らく当時はこの付近が超高級住宅街だったのではないでしょうか?


海外との貿易基地だった長崎には、オランダ人以外でも多くの外国人がいたそうですが、西洋系の外国人はみなさん「オランダさん」と言われていたそうです。


だから、長崎には「オランダ」と名のつくスポットが多いんですよね。


オランダ坂は坂道の多い長崎でも「かなりきつい坂道」で、汗だくに成りながら見どころを探索し、次は多くの中国人が住んでいたという「唐人屋敷跡」

nagasakihunnsou16.png

この唐人屋敷跡は神社があるくらいで、あまり見どころはない…というより、やはり坂道がきつくって苦労して歩いた割には残念なスポットという感じでした^^;


時刻も19時を回ったところで、小腹が空いてきたので中華街の裏にある川添いある「居酒屋 かつら」というお店へ入ってみた。

nagasakihunnsou19.png

nagasakihunnsou17.png

nagasakihunnsou18.png

少し看板が切れてしまっているけど、このお店のキャッチコピー「旅人でも安心して飲める店」が安心感があって気軽に入ってみました。


長崎の繁華街にある人気店では、キャッチコピーは上手でインパクトの強いものが多く、この謳い文句で店に訪れる方は多いのではと思いました。


印象深かったフレーズは、今後の広報や宣伝の参考にメモに残してあります(笑


かつらのご主人は気さくな方で、自魚の刺身しか頼まない私に「かれいのから揚げ」「塩らっきょ」などをサービスで出してくれました。


翌日も行こうと思ったら定休日とのことでしたので、また機会があったら是非行ってみたいと思います!


かつらを後にし付近にある「立ち飲みバー」へ。


最近、幅広い年齢層に人気の高い「立ち飲みバー」ですが、長崎の繁華街では件数が多く見かけます。


料金も1ショット400円~と低価格です^^

※焼酎メインなので高級ウィスキーなどは期待できませんよ(笑


店内に入ると常連らしい53歳の彼氏2人もちの主婦が一人で飲んでいて、旅行客の私によく話しかけてくる。


時間をおかずバツイチ32歳のギャルママ。44歳の近隣に職場のあるオジサンが来店。


狙っているわけではないのですけど私が旅行に行くと、こういう個性的な方と必ず遭遇します。


3時間程度その場で知り合った「4人の親友」と飲み明かし、頃合いを見て私だけ退散。


中華街でちゃんぽんを食べていたところ非常に残念ー

nagasakihunnsou21.png


「ちゃんぽん850円」「特製ちゃんぽん1100円」とあり、奮発して特製を頼んでみたけど、この250円の差が解りませんでした^^;


nagasakihunnsou22.png


1口しか食べないで残してしまったので、一度仮眠をして、夜うどんを食べに行きましたよ^^;


2日目。


前日の親友たちに地元民が勧める観光スポットを聞いてみたところ、丸山公園にある「高級料亭 花月」、「長崎の夕焼け」、「世界三大夜景」とのことだったので

この日は上品に高級料亭で昼食でも食べてから観光に繰り出そうと思い花月に行ってみたところ…

IMG_0801_R.png


「ご予約のない方はご遠慮いただいております」ですと^^;


では、この場で予約を取れば「夕食」には入店できるか?


聞いてみたところ、それはOKなんですと。


価格は、昼食5千円(2名から)~、1名の場合1万円~。夕食1.5万円(卓袱料理は2名から)~。


という料金設定ですから、昼食は1万~1.5万程度、夕食はお酒を飲む人なら1人2万円。お酒に拘るなら1人3万円予算というところでしょうか。


京都の高級料亭とは異なり一見お断りはないみたいですけど、18~20時までに入店する規則となっていますから


20時に日没の長崎の夜景を見に行くスケジュールだと夕食は無理!!


で、翌日のランチ予約をしようと思ったら「内装工事のため明日は休業」とのこと。


Tシャツで行ったので拒否られたと思って2時間後、偽名で予約電話をしてみたけど同じことを言われたので本当に工事みたいです(笑


ランチはとりあえず置いておいて、坂本龍馬が起こした日本で初めての株式会社「亀山社中」まで。


長崎港を背中にグラバーさんが右側だとしたら、亀山社中は左側の山中にあります。


バスで山頂まで行き、下る感じで亀山社中へ


IMG_0803_R.png

IMG_0804_R.png

IMG_0805_R.png

IMG_0807_R.png

IMG_0808_R.png

IMG_0809_R.png


亀山社中からさらに下ると「寺町」というお寺ばかりのある町に入ります。


余談ですが、この寺町にも「一力」という高級料亭があって、同じく完全予約制で翌日はランチも休みでした(笑

IMG_0810_R.png

竜馬通りを通り、前日に発見した唐人屋敷跡大手門にある「あ、ちゃんぽん」でランチタイム。

IMG_0812_R.png

IMG_0811_R.png


この「あんナシ 太麺皿うどん」が絶品に美味しかったです。


で、次は「出島」へ

IMG_0813_R.png

IMG_0814_R.png

ここは復刻されたらしく、あまり私が見て楽しめるスポットではありませんでした。


夕焼け&夜景まで少し間があったので、クルージング!

IMG_0819_R.png

IMG_0820_R.png

IMG_0821_R.png

IMG_0815_R.png

IMG_0816_R.png

IMG_0817_R.png

IMG_0818_R.png

もう少し早くいけば「軍艦島」まで見れるルートがあったらしいですけど、まあいいかですな。

IMG_0824_R.png

そして、プチ名物らしい「食べるミルクセーキ」を食してから夕焼け&夜景を見に稲佐山へ

IMG_0826_R.png

IMG_0827_R.png

IMG_0828_R.png

IMG_0829_R.png

IMG_0831_R.png

IMG_0833_R.png

IMG_0834_R.png

IMG_0835_R.png

IMG_0842_R.png

IMG_0836_R_20170610200151fee.png

IMG_0843_R.png

IMG_0844_R.png

IMG_0845_R.png

IMG_0846_R.png

確かに「超」が付くほど肉眼で見ると夕焼け&夜景は綺麗でした。


しかし、この時期でも山頂は寒いので夏場でもシャツは持参した方がよいです^^;

で、この日の夕食は思案橋にある気になる店を適当に回り、前日とは異なる立ち飲みバーへ

IMG_0850_R.png

IMG_0851_R.png

IMG_0852_R.png

IMG_0853_R.png

そして、同じく店内で知り合ったイケメン美容師とはしご酒となるのですけど、ここまでの記憶しかないんですよね(涙


最終日は、思いっきり二日酔いで朝から原爆公園、メガネ橋、美術館と回り長崎旅行は終了!

IMG_0854_R.png

IMG_0857_R.png

IMG_0858_R.png

IMG_0860_R.png


今回も充実した旅行が楽しめました^^


長崎旅行の教訓!


1.市内観光は路線バス&歩きが便利です。

2.坂道が多いので1サイズ大きめのスニーカーをお勧めします。

3.卓袱料理を食べるならご予約は必須です。

4.お土産は無難にカステラがお勧め。

5.あんナシ 太麺皿うどん、角煮マン、食べるミルクセーキは話のネタに食すべし!



PS、ネットで成果を上げれるようになりましたら、旅行でもグルメでもショッピングでも好きな趣味を楽しむ目標を設定してみてください。


きっと普段の作業する時のモチベがアップしますよ!

■サービスメニュー■



スポンサーサイト

萩旅行奮闘記


こんにちわ。藤原です!


先日は、山口県の「萩」まで観光に行ってきました^^


なぜ、萩かといえば、もう10年以上前に「吉田松陰」をはじめとした幕末志士の書籍を読み何時は行ってきたいなーと思いつつ


記憶を忘れていたのですが、先日Youtubeで映画「長州ファイブ」の違法動画がフルで投稿されているのを発見し、


過去の記憶が蘇り旅行へ踏み切ったという単純な理由なんですよね^^;


前日まで風邪で寝込むというアクシデントに見舞われながら始発のバスに乗り込み


羽田⇒宇部空港⇒新山口⇒東萩


というルートで6時間かけて萩へ到着!

IMG_0722.jpg


全然、地理が不明だったけど標識を見ながら、とりあえず高杉晋作などの生家がある武家屋敷地域まで3キロほどの道のりをテクテク歩いてみた。

IMG_0723.jpg

途中小腹が空いたので蕎麦屋さんに立ち寄るのだけど、なぜか萩に江戸前の蕎麦屋さんがあって、美味しいんだけど料金は割高^^;(萩の物価は安くないです)

IMG_0725_R.jpg

IMG_0724_R.jpg

IMG_0727_R.jpg


武家屋敷付近を探査していると、お城の跡地にある博物館へ立ち寄り江戸時代の建物をそのまま使っているお洒落たカフェで一服。

IMG_0729_R.jpg

で、一息ついたところで吉田松陰さんが志士を育てたという「松下村塾」(松陰神社)へ。


道が不明なので、地元の人へ訪ねると「歩いていくんですか?」と不思議な顔をされたけど、


武家屋敷付近から松下村塾まで結構な距離があって(想定4キロ)、病み上がりの私にはキツイ道のりでした。


大分フラフラになりながら到着したのは夕方4時。

IMG_0730_R.jpg

IMG_0734_R.jpg

IMG_0731_R.jpg

IMG_0732_R.jpg


松陰神社内を一回りすると伊藤博文さんの生家が付近にあるというので、懲りずにさらに探索し予約してある宿へ向かいのであるが

IMG_0736_R.jpg

IMG_0737_R.jpg

IMG_0738_R.jpg


今度は道に迷いつつ、またもや4キロの道のりを…


現地に行ってみてわかったことですけど、萩って色々な観光名所があるんですけどスポット毎に3キロほど距離があるんですよ。


この日は何だかんだ10キロは歩いたんじゃないですかね。


かなりグロッキーな感じで宿へ着いて、風呂入って今度は夕食を食べに街中へ。


萩では、「アマダイ」「フグ」などが名産で、私も現地に来たからには美味しいものをたらふく食べる目的があったんですけど…

IMG_0739_R.jpg


1件目のすし屋が思いのほか「はずれ」、2件目居酒屋「普通」という感じで、結局5件の店をハシゴしたけど、全部イマイチという感じです。


普通のイカ刺しが1500円("^ω^)・・・この味でこの値段。ん~~~って感じですかね。


気を取り直して2日目は「城跡地」という名所まで2キロ程度の道のりをテクテク歩いてると、観光船があったので乗り込んでみた。

IMG_0747_R.jpg

IMG_0748_R.jpg

IMG_0749_R.jpg

春の日差しに、心地良い海風が吹いていて至福のひと時^^(一番萩で充実したひと時かも)


で、観光船を落りると昔の侍屋敷が近くにあったので探索。「萩」の街では、江戸時代から地図に変更がないそうです。

IMG_0740_R.jpg

IMG_0741_R.jpg

IMG_0743_R.jpg

IMG_0744_R.jpg

IMG_0746_R.jpg

だから、昔の街並みが残っている箇所が多いので見どころ満載!という感じです。


丁度、昼時になったのでぐるなびで発見した「見蘭牛」を食べに行ってみると17時から営業ですと^^;


仕方がないから、付近を歩いていると意外と外食する場所がない…。


かれこれ昨日から15キロほど歩いたところで足の筋力も限界になったので100円の観光バスに乗り込み昼食を食べに「道の駅」まで。


で、毎度タイミング悪く15時30分に道の駅に着いた時には「15時終了」のランチタイムが終了しており、


「ちょんまげビール」なる地元ビール1本を飲んだだけでバスで帰路へと悲惨な状況に^^;

IMG_0752_R.jpg

朝から何も食べず時刻は17時を回り商店街で売っていた「60円の魚コロッケ」を食べつつ、


地元の方へ一押しのお店を聞いてみると「萩の人は外食しないからねー」ですと^^;


※ちなみに萩の人は本当にあまり外食しないみたいで、ラーメン屋さんは1~2件、牛丼屋も1件、ファミレスはあったかな?という感じです。


諦めて宿へ帰る途中、「関西風お好み焼き」があったので入ってみた。


店に入るとノリのよいお婆さんが一人で酒を飲んでいて暇なのか、やけに私に話しかけてくる。


そして…この付近のカラオケスナックへ行こうと誘う。


結局、押しに負けて80歳近くのお婆さんのゴチでカラオケスナックへ。

IMG_0753_R.jpg

IMG_0754_R.jpg

IMG_0756_R.jpg


〆て1000円なりの勘定で抹茶までいただき2日目も終了。

IMG_0761_R.jpg

IMG_0763_R.jpg

3日目最終日。幕末志士が多く学んだという「明倫館」へ行き、15時に間に合うように道の駅までランチを食べに行き夕方帰路へ。

IMG_0764_R.jpg

IMG_0765_R.jpg

すっかり忘れていたんですけど、詩人「種田山頭火」さんも山口県だったんですよ。

IMG_0767_R.jpg

少し早めに新山口に行って、山頭火さんの生家でも覗いて来ればよかったかなーと、少し心残りがある萩旅行でした^^


最後に萩旅行へ行く教訓!

・観光は「レンタル自転車」を借りるべし!

・食事は宿で食べるべし!

・吉田松陰さんは「松陰先生」と呼ぶべし(呼びつけにすると怒られます)

・夏みかん1個100円はお土産に買っていくべし!


では、本日はたわいのない日記でした~

■サービスメニュー■



イケメン、美声に生まれたかった…と思いつつ新しいウィビナー制作しています。


こんばんわ。藤原です!


そういえば連休中の営業について告知していませんでしたが、連休中は「今年も休まず営業」していますので


ご用命がありましたら、お気軽にサポートへご連絡ください。


扨て、昨日の昼からイケメン、美声に生まれたかった…と思いつつ私が映像や音声に登場することがない第2弾ウィビナー制作しています。


前作はアフィリエイター向けとなっていますが、今回は「企業向け」ということもあってユーモア要素を払拭し、解りやすさを重視。

SnapCrab_NoName_2017-4-29_23-10-5_No-00.png

色々、今まで制作してきましたが解りやすさでいうならば「テキスト」が一番かなーと思って、


1動画に対し300枚以上のテキストをヒタスラ打ち込んで、やっとこの時間で“1話分”の素材が完成。


全て完成後、例によって一度テストマーケティングを実施してから本格的にプロモーション展開を行っていく予定なのです。


全然関係ないけど、これが完了したら繰り越し連休で5月の中旬あたりから小旅行へ行ってこようと思ってます!


■サービスメニュー■


プロフィール

藤原 敦

Author:藤原 敦
株式会社天空 代表取締役

ネットを活用した恋愛ビジネスのスペシャリスト。

YoutubeやWEBサイトを活用し恋愛/女性のお悩み系/アダルトジャンルでアフィリエイトで稼ぐ情報商材を販売しています。


情報商材 ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村


■無料メールマガジン■


メルマガ
Youtubeや恋愛/女性のお悩みジャンルで稼ぐ基礎講座を無料配信しています。

アフィリエイトで稼ぎたい!と思っているあなたは是非ご登録を!!


■藤原へ問い合わせ■


unnamed

素朴な疑問や販売商品に関すること、コンサル依頼はこちらからご連絡ください。


■友達大歓迎です!■


facebookロゴ

お友達申請は大歓迎です!!

是非お気軽に申請ください^^







































最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR