少し残念…滋賀と京都の紅葉旅行奮闘記!

2017111825_R.jpg

こんにちわ。藤原です!


金曜日の最終便で滋賀と京都の紅葉旅行から帰宅しました。。
 

先に「結果」から云いますと、京都エリアの紅葉シーズンは“来週から”みたいで、23日前後が見ごろとのこと。


かの有名な観光スポット「清水寺」の紅葉向けライトスポットも“昨日から”ですから、私の紅葉旅行も少し行き急ぎ過ぎましたね^^;


と冒頭からネガティブになってしまいますけど、それでも久しぶりのプチ旅行ですからワクワクしながら出かけてきました。


ブログで告知したのが15日の夜の時間帯ですから、このタイミングと合わせて緊張の糸がプツリと切れ当日は朝から2時間の朝寝坊。


見たいところが沢山あったので慌てて「本厚木⇒小田原⇒米原⇒長浜」ルートで彦根城へ

20171118 2

ネットでも“ただの資料館じゃん!”と評判がよろしくない長浜城ですけど、やっぱり展示している資料も少なく400円の入場料も高い感じでした^^;


で、気を取り直して「長浜⇒彦根」ルートで彦根城へ!

20171118 3_R

201711184_R.jpg

201711185_R.jpg

201711186_R.jpg

201711187_R.jpg

201711188_R.jpg

201711189_R.jpg

2017111811_R.jpg

2017111813_R.jpg

小ぶりの長浜城とは打って変わって、彦根城は敷地面積も広く大迫力でした^^


城内も昔のものが大事に保管されていて天守閣から見下ろす風景もまさに絶景!


虹まで見ることができたので私の気分もここでハイテンションとなったのですが・・・この彦根城から1キロ圏内に石田三成の居城でした佐和山城の跡地があります。


普通に彦根に立ち寄る時は2大観光地となっていて、私も例外ではなく佐和山城へ向かいましたが途中いきなり雨に見舞われ断念することに。


さらに服もびちょびちょとなり彦根へ退散していると、帰宅途中の女子中学生の集団が「おじさん寒いから傘かしてあげる」とビニ傘を1本くれました。


(お兄さんと言えよ)と心の中で思いつつも有り難く頂戴し、お礼に1人1本づつ缶ジュースをゴチしてばいばい。


昔、近江八幡に行った時も心優しい老婆にお世話になりましたけど、滋賀県はいい人多いですね^^


駅に到着しずぶ濡れの服を着替えてから次の目的地である京都へ。

2017111814_R.jpg

神奈川の温かさとは異なり、この時期の京都&滋賀は想定外に寒く、トレーナー1枚で出かけてきた私にとって、夜の京都街は凍えるような厳しい寒さでした^^;


どれくらい寒いかと言えば、夏では着ているシャツが絞れるほど汗だくになる京都駅から木屋町までの距離3キロを歩いても1滴も汗をかくことはありません。

2017111815_R.jpg

で、この日は木屋町のおでん屋で夕食を取って宿へ


翌日、早起きしてほのぼのと鴨川付近を散歩しながら目的地「比叡山」へ

2017111816_R.jpg

2017111817_R.jpg

2017111818_R.jpg

2017111819_R.jpg

ここでは、世界遺産とされているスポットが1、2キロ離れた個所にぽつぽつ飛び石のようにあり各スポットへは


登山道を歩いて観光するか、バスで移動するか。


という選択ができるのですが、片道6キロあるので病み上がりの私は迷わずバスへ

2017111820_R.jpg

2017111821_R.jpg

一番遠いい「横川」という付近まで到着して岐路のバス時間を見ると30分に1本しかバスがないんですよ。

2017111824_R.jpg

で、乗り遅れた私は“強制的”に「登山道を歩いて観光する」選択を強いられました^^;

2017111823_R.jpg

2017111825_R_20171119114015f42.jpg

気持ちの良い山道なのですけど「急な階段」が多く、健康体でも初心者にはきつい山道かもしれませんね^^;

※井戸水はありますけど、山道を歩かれる方は「水」と「登山靴」は必須です。


夕方も3時ころになってロープウェイ乗り場に到着して、今後は千本鳥居で有名な「伏見稲荷」

2017111826_R.jpg

2017111827_R.jpg

2017111828_R.jpg

外国人を含めて凄い人数で、まるでお正月の明治神宮のようでした。


はじめて現地に言って知ったのですけど、この千本鳥居は1つの山道にずらりと鳥居があって、比叡山並みに山歩きするようなルートとなっています。


比叡山で歩き疲れた私は残念なことに全て見ることができなかったのですが、また機会があったら山頂まで歩いてコンプしてみようと思います^^


この伏見稲荷の隣駅が「鳥羽伏見街道」。


名称からして新選組が幕府軍とたたかった「鳥羽伏見の戦い」の戦場付近かと思い、歩いてみたのですけど全然“らしい雰囲気”もなく


本日最後の観光スポット「清水寺」に行ってみたのですけど、日が落ちて現地に到着するとライトスポットもなく、


近くに貼ってあったポスターを見ると“昨日から”と記載がありました^^;

2017111829_R.jpg

2017111830_R.jpg

で、肩を落としながら祇園へ行き、カッコいいBARにで少し休憩し付近で美味しいお店を紹介してもらい雰囲気の良さげなお茶屋風の和食料理屋へ

2017111831_R.jpg

2017111832_R.jpg

2017111833_R.jpg

2017111834_R.jpg

いつも京都へ来て思うことなのですけど、京都の料理店でも「京料理」「京懐石」など“京”の字がつく料理って量も少なく値段も高いんですよね^^;


味も上品で見た目も美しい料理なのですけど、一口がデカく大食いの私には大阪のように豪快に盛り付けているほうがあってるかも知れません。

2017111835_R.jpg

久しぶりに祇園に来てみたらこんな庶民的なお店が増えたような気がしますから、雰囲気は「祇園」で食べ物は庶民的なお店に行くのもありでしょうね(笑


食事を終えて宿泊先を探してみたのですけど、この時期の京都は夏の大阪と並んで飛び込みで宿は取りにくく、途中で面倒になって最終の新幹線で帰宅しました。


【京都の紅葉旅行のアドバイス】

・京都を隈なく観光するなら「最低3日」は必要。

・紅葉は11月下旬ころがオススメ。

・歩き回る人は1サイズ大きいスニーカーまたは登山靴を持参すべし。

・寒暖の差が激しいので着替えが楽な服を1枚を持参すべし。

・京料理で夕食を取る時は「寝る前にもう一食」食べる覚悟で。

■サービスメニュー■


スポンサーサイト

情報業界の大先輩とサシ呑み!

IMG_0917.jpg

こんにちわ。藤原です!


昨夜は情報業界歴10年を超える大先輩の販売者さんと、新宿のとある鉄板焼き屋お会いしてきました。

IMG_0918.jpg

IMG_0919.jpg

この方とは、2年前のインフォトップ懇親会で知り合い、以後は懇親会では飲み仲間化しつつ、


私が無知なジャンルのことなどでも普段はお世話なっています。



で、先日の懇親会で久しぶりに会い「たまには藤原さん1杯行きましょう!」との話がまとまり


昨夜の会食となったわけですが、やはりネットでは聞けないような一歩突っ込んだ話がいろいろ聞けて良かったです^^


その後、赤坂でも・・・・


とのでしたが、閉店時間1時間前なので、場所を新宿2丁目のゲーバーに変更。


イケメンのゲイ男子に囲まれて楽しいひと時を過ごして頃合を見て帰宅しました(笑


やっぱりPCを見つけているより、外で色々な方と話している方が私は好きですね!

■サービスメニュー■

長崎旅行奮闘記!

IMG_0837_R.png

こんばんわ。藤原です!


歴史の深く世界三大夜景でも有名な長崎へ旅行に行ってきました^^


前回の旅ログは結構人気がありましたので、今回も旅行記をご紹介したいと思います。


扨て、今回は時間的なタイミングもあり、近隣から出発してている羽田直通の高速バスに乗ることが出来なかったので


本厚木⇒海老名駅⇒羽田⇒長崎空港⇒長崎新地


というルートで長崎でも一番賑やかな場所へ到着し、付近のホテルを取りました。


で、荷物おおいて早速中華街へ

nagasakihunnsou1.png

nagasakihunnsou3.png

nagasakihunnsou2.png

国内の中華街でも、一番大きい「横浜」、続いて神戸と比較すると長崎の中華街は十字に店が連なってはいますがお店も20件程度規模が小さいです。


路上で販売していた名物「角煮マン」と「ハトシ」(エビをすり潰してパン生地をくるんで揚げたもの)で腹ごしらいしてから路線バスに乗り込み「グラバー邸」(グラバー園ともいう)へ

nagasakihunnsou5.png

nagasakihunnsou7.png

nagasakihunnsou6.png

nagasakihunnsou8.png

nagasakihunnsou9.png

nagasakihunnsou10.png

nagasakihunnsou11.png

平日だというのに、さすがは名所というだけあってグラバー邸は観光客がごった返してました^^;


邸宅には和洋中の作りとなっていて、幕末でも豪商といわれるリッチな生活ぶりを見ることが出来ます。


一通りグラバー邸を見学してから、やはり見どころスポットの1つ「オランダ坂」へ。

nagasakihunnsou13.png

nagasakihunnsou12.png

nagasakihunnsou14.png

nagasakihunnsou15.png

オランダ坂は、グラバー邸の山を下りたところにあって、恐らく当時はこの付近が超高級住宅街だったのではないでしょうか?


海外との貿易基地だった長崎には、オランダ人以外でも多くの外国人がいたそうですが、西洋系の外国人はみなさん「オランダさん」と言われていたそうです。


だから、長崎には「オランダ」と名のつくスポットが多いんですよね。


オランダ坂は坂道の多い長崎でも「かなりきつい坂道」で、汗だくに成りながら見どころを探索し、次は多くの中国人が住んでいたという「唐人屋敷跡」

nagasakihunnsou16.png

この唐人屋敷跡は神社があるくらいで、あまり見どころはない…というより、やはり坂道がきつくって苦労して歩いた割には残念なスポットという感じでした^^;


時刻も19時を回ったところで、小腹が空いてきたので中華街の裏にある川添いある「居酒屋 かつら」というお店へ入ってみた。

nagasakihunnsou19.png

nagasakihunnsou17.png

nagasakihunnsou18.png

少し看板が切れてしまっているけど、このお店のキャッチコピー「旅人でも安心して飲める店」が安心感があって気軽に入ってみました。


長崎の繁華街にある人気店では、キャッチコピーは上手でインパクトの強いものが多く、この謳い文句で店に訪れる方は多いのではと思いました。


印象深かったフレーズは、今後の広報や宣伝の参考にメモに残してあります(笑


かつらのご主人は気さくな方で、自魚の刺身しか頼まない私に「かれいのから揚げ」「塩らっきょ」などをサービスで出してくれました。


翌日も行こうと思ったら定休日とのことでしたので、また機会があったら是非行ってみたいと思います!


かつらを後にし付近にある「立ち飲みバー」へ。


最近、幅広い年齢層に人気の高い「立ち飲みバー」ですが、長崎の繁華街では件数が多く見かけます。


料金も1ショット400円~と低価格です^^

※焼酎メインなので高級ウィスキーなどは期待できませんよ(笑


店内に入ると常連らしい53歳の彼氏2人もちの主婦が一人で飲んでいて、旅行客の私によく話しかけてくる。


時間をおかずバツイチ32歳のギャルママ。44歳の近隣に職場のあるオジサンが来店。


狙っているわけではないのですけど私が旅行に行くと、こういう個性的な方と必ず遭遇します。


3時間程度その場で知り合った「4人の親友」と飲み明かし、頃合いを見て私だけ退散。


中華街でちゃんぽんを食べていたところ非常に残念ー

nagasakihunnsou21.png


「ちゃんぽん850円」「特製ちゃんぽん1100円」とあり、奮発して特製を頼んでみたけど、この250円の差が解りませんでした^^;


nagasakihunnsou22.png


1口しか食べないで残してしまったので、一度仮眠をして、夜うどんを食べに行きましたよ^^;


2日目。


前日の親友たちに地元民が勧める観光スポットを聞いてみたところ、丸山公園にある「高級料亭 花月」、「長崎の夕焼け」、「世界三大夜景」とのことだったので

この日は上品に高級料亭で昼食でも食べてから観光に繰り出そうと思い花月に行ってみたところ…

IMG_0801_R.png


「ご予約のない方はご遠慮いただいております」ですと^^;


では、この場で予約を取れば「夕食」には入店できるか?


聞いてみたところ、それはOKなんですと。


価格は、昼食5千円(2名から)~、1名の場合1万円~。夕食1.5万円(卓袱料理は2名から)~。


という料金設定ですから、昼食は1万~1.5万程度、夕食はお酒を飲む人なら1人2万円。お酒に拘るなら1人3万円予算というところでしょうか。


京都の高級料亭とは異なり一見お断りはないみたいですけど、18~20時までに入店する規則となっていますから


20時に日没の長崎の夜景を見に行くスケジュールだと夕食は無理!!


で、翌日のランチ予約をしようと思ったら「内装工事のため明日は休業」とのこと。


Tシャツで行ったので拒否られたと思って2時間後、偽名で予約電話をしてみたけど同じことを言われたので本当に工事みたいです(笑


ランチはとりあえず置いておいて、坂本龍馬が起こした日本で初めての株式会社「亀山社中」まで。


長崎港を背中にグラバーさんが右側だとしたら、亀山社中は左側の山中にあります。


バスで山頂まで行き、下る感じで亀山社中へ


IMG_0803_R.png

IMG_0804_R.png

IMG_0805_R.png

IMG_0807_R.png

IMG_0808_R.png

IMG_0809_R.png


亀山社中からさらに下ると「寺町」というお寺ばかりのある町に入ります。


余談ですが、この寺町にも「一力」という高級料亭があって、同じく完全予約制で翌日はランチも休みでした(笑

IMG_0810_R.png

竜馬通りを通り、前日に発見した唐人屋敷跡大手門にある「あ、ちゃんぽん」でランチタイム。

IMG_0812_R.png

IMG_0811_R.png


この「あんナシ 太麺皿うどん」が絶品に美味しかったです。


で、次は「出島」へ

IMG_0813_R.png

IMG_0814_R.png

ここは復刻されたらしく、あまり私が見て楽しめるスポットではありませんでした。


夕焼け&夜景まで少し間があったので、クルージング!

IMG_0819_R.png

IMG_0820_R.png

IMG_0821_R.png

IMG_0815_R.png

IMG_0816_R.png

IMG_0817_R.png

IMG_0818_R.png

もう少し早くいけば「軍艦島」まで見れるルートがあったらしいですけど、まあいいかですな。

IMG_0824_R.png

そして、プチ名物らしい「食べるミルクセーキ」を食してから夕焼け&夜景を見に稲佐山へ

IMG_0826_R.png

IMG_0827_R.png

IMG_0828_R.png

IMG_0829_R.png

IMG_0831_R.png

IMG_0833_R.png

IMG_0834_R.png

IMG_0835_R.png

IMG_0842_R.png

IMG_0836_R_20170610200151fee.png

IMG_0843_R.png

IMG_0844_R.png

IMG_0845_R.png

IMG_0846_R.png

確かに「超」が付くほど肉眼で見ると夕焼け&夜景は綺麗でした。


しかし、この時期でも山頂は寒いので夏場でもシャツは持参した方がよいです^^;

で、この日の夕食は思案橋にある気になる店を適当に回り、前日とは異なる立ち飲みバーへ

IMG_0850_R.png

IMG_0851_R.png

IMG_0852_R.png

IMG_0853_R.png

そして、同じく店内で知り合ったイケメン美容師とはしご酒となるのですけど、ここまでの記憶しかないんですよね(涙


最終日は、思いっきり二日酔いで朝から原爆公園、メガネ橋、美術館と回り長崎旅行は終了!

IMG_0854_R.png

IMG_0857_R.png

IMG_0858_R.png

IMG_0860_R.png


今回も充実した旅行が楽しめました^^


長崎旅行の教訓!


1.市内観光は路線バス&歩きが便利です。

2.坂道が多いので1サイズ大きめのスニーカーをお勧めします。

3.卓袱料理を食べるならご予約は必須です。

4.お土産は無難にカステラがお勧め。

5.あんナシ 太麺皿うどん、角煮マン、食べるミルクセーキは話のネタに食すべし!



PS、ネットで成果を上げれるようになりましたら、旅行でもグルメでもショッピングでも好きな趣味を楽しむ目標を設定してみてください。


きっと普段の作業する時のモチベがアップしますよ!

■サービスメニュー■



プロフィール

藤原 敦

Author:藤原 敦
株式会社天空 代表取締役

ネットを活用した恋愛ビジネスのスペシャリスト。

YoutubeやWEBサイトを活用し恋愛/女性のお悩み系/アダルトジャンルでアフィリエイトで稼ぐ情報商材を販売しています。


情報商材 ブログランキングへ

にほんブログ村 小遣いブログ お金の稼ぎ方・稼ぐ方法へ
にほんブログ村



























最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR